車を持つ方でしたら分かっていると思いますが、自動車税という税金が課税されます。そして自動車税は、手放すクルマの買い取りの際に当たり前に還ってくるお金なのです。これって実行すると簡単に頭に入ってくると思いますが、では流れを分かりやすく案内します。念のため記載するならば、日本販売されているクルマだけでなく外国の車でも還付されることになります。これはクルマについてもそうです。自動車税という税金は自動車を持っている人が支払う税金ですがこの金額はクルマの排気量毎に規定されています。1リッターより低いならば29500円で、1リッターから1.5リッター以下までなら34500円。これ以降は500cc刻みで5000円増えていきます。またこのお金は4月1日時点の保有者が以後一年分のお金を納める義務となっています。つまり事前納付になるということですので、勿論愛車を手放して、所有権を手放した際には前払いした分のお金は還付されるのです。自動車税は先払いで来年3月までのお金を払いますのでその翌年3月までの間にクルマを売った際は、新しい所有者がこの税を支払わなければいけないということになります。売却相手が買取専門業者でしたら引き取り時に所有者が払いすぎた金額を返金してもらえます。つまり所有権が移った時以降の自動車税は入れ替わったオーナーが支払い義務を負います。例えば自分が10月のうちに自動車を買い取ってもらったのであれば11月以降翌年3月の間までの自動車税は還ってくるのです。というのは繰り返しになりますが自動車税という税金は前払いであるという決まりからも明らかです。つまり、前所有者は売却相手に税金を返金してもらうということになります。個人間で車を引き取ってもらうときに意外にこのような重要なことに気付かない方がいますためぜひ確かめるようにすることです。自動車税という税金は車を手放すと返金されることを意外に知らない人が多いからと言って、そのことを隠す業者もあるのです。こちらから返金に関して言わなければ全然返金のことには言わないということもよく聞かれます。ですから愛車の買取をする時には、税金が返還されることを確認することを忘れないようにしなければなりません。