通常、カードの上限額が自身が日々使う額よりゆるめに設定されていると人間は問題ないと勘違いして考えることなくで支払ったりするようですね。75-18-130

カード使用過多を避けるためカードの上限金額をできれば少なくしておこうということがこれから記す文章の主旨となります。75-14-130

月の限度額を引き下げる手順△クレカの月ごとの限度額の引き下げとはカードの限度額を増やすことといっしょで、なんとも便利です。75-4-130

カードのバックに記載されている番号に問い合わせて「月の限度額をもっと低くしたいです」というふうにセンターの人に伝えるだけ。75-8-130

現時点でのカードの限度額に対して少ない上限であれば、特別な審査もなく電話一本で申請が終わってしまいます。75-16-130

月ごとの限度額を少なくしておくのは被害に遭わないようにすることとも繋がっている▼クレジットカードの月の限度額をセーブしておくことは、自分をセーブできるという良いことだけでなく危険を避けることにもつながります。75-19-130

仮に、大事なクレカが紛失等により乱用されたような場合でも、あらかじめクレカの月の利用限度額を低くしているなら危険を最小限にとどめることもできるからなのです。75-13-130

ここで言っておきたいのはもし仮にクレカが乱用されることになったとしてもクレカの利用者に明らかな過失がない限り、盗難保険として知られている機能が利用者を守ってくれるから余計な心配は必要ないのですが万が一のことを念頭に置いて、設定が高いならば限度額は下げるようにしておくのも良い方法だと思います。75-10-130

必要のない上限額はデメリットなんです。75-12-130

75-5-130