契約店で全部のカードが使えるわけでもない◇クレカ会社の加盟店はだいたいときには5を超えるカードサービスと契約していますが、不便なことに全部の加盟店であらゆる運営会社のクレジットカードが切れるのでもありません。

一例をあげれば昔からある加盟店舗の場合にはJCBの付いているそのクレジットカードしか切れない場合もありますし、この頃のショップではビザやマスターカードといったロゴのクレジットカードのみしか使用できないときもあるものです。

銀聯のようなカード会社の場合、増して使用できない店舗が増えるでしょう。

どのクレジットカードが使用できるかをいかに見分けるといいの?「それならいかなる方法で何の所有クレカが使用できるかを見たらいいの?」というと、きちんとしたことをチェックするとしたらそこの従業員に見せてみるしかないていうのが正直なところその回答です。

とはいえども大部分の商店やレストランには加入店の見えるところなどに使用可能なクレジットカードのサインがプリントされている加盟シールがあるので「そうなんだ、そのレストランではアメックスが決済可能なんですね」ということが分かりやすくなってるし頭に入れておいてもらえると思います。

とはいうものの、きっちりと契約管理が出来ていない加入店舗で用いる際には、ロゴシールが掲げられているのに「今は何々クレカはご使用になれません」などの返答をされてしまうなどという状況もないともいえずあたふたしてしまう状況に出くわしかねません。

余裕があれば可能な限りはより多くの加盟店舗でカードが使えるようにするために、もう一つの印(国外ブランド)がプリントされた一般的なVISAカード、ダイナーズアメリカンエキスプレスカード、などのクレカを2枚以上は申し込んでおくようにして欲しいと思います(例えば:ニコスカードを携帯しているなら二枚目はダイナースカード付帯のクレジットカードを財布に入れておくといった方法)。

特に海外に出ないなら、VISAカード、マスターカード、JCBの3つのマークが書いてあるクレジットカードをそれぞれ所持していれば間違いなく99%以上の加盟店舗でどれかしらのカードを差し出すことが可能です。

カードを使いこなして効率よく節約を継続していくには確実に万能に対応できるクレジットカードを作っておいていただくようお勧めします。