外国為替平衡操作(為替介入)というのを聞いた事がありますか?日本銀行が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞記事、雑誌、テレビ、インターネットなどの報道記事で目にした方もいるでしょう。アヤナス店舗

そもそも為替介入(外国為替市場介入)とは日本においては、・大臣(財務大臣)為替の安定を実現するように遂行する手段ということで位置づけられています。アイランドタワークリニック

簡潔に言えば、極端な円高・円安が発生すると財務大臣の命令が出ると中央銀行(日本銀行)日本円を売り買いして相場の安定化を狙うといったものです。

為替介入(外国為替平衡操作)にはやり方が何通りかあるのです。

1.単独介入・・・行政または日本銀行が東京市場で自らが市場に入って為替の介入を行なう。

2.協調介入・・・通貨当局が話し合ったうえで各銀行などが持っているお金を使って一斉にあるいは時々為替介入(外国為替平衡操作)を行なう。

3.委託介入・・・異国の通貨当局に向けて介入の実施を依頼する。

4.逆委託介入・・・日本銀行が他国の通貨当局に代えて介入を遂行する。

こういった方法があります。

いずれの外国為替平衡操作(為替介入)も一時期、引き続き為替に大きな影響力を与えるでしょう。

為替介入(外国為替平衡操作)の額はさすがに自国のプライドをかけて行なうだけにスケールが違うのです。

円を例に説明すると、日頃は数銭ずつ変化する相場が急に数円単位の動きをするのです。

個人の投資家の人でしたら一度くらいは経験があると考えますがそれまで上手に利益(もしくは損失)が増えている持ち高を持っていたところ、持っている保有高が決済しましたとのことで報告が外国為替の会社の発信でメールが届き・・・どれほど儲かったのかな(損失が出たのかな)?と考えながら決済された情報を確認すると、自分で推測していた事とまったく逆の状態にびっくりしてしまうとのケースがあったのです。

外国為替平衡操作(為替介入)が行なわれた際に多く聞く話なのです。

為替介入(外国為替市場介入)を施行すると市場の変動と逆の変動をすることがわかります。

さらに変化する額の大きさは非常に大幅に変わりますので気をつけましょう。